いろいろホワイトボード[2019年7号]

新潟SKYプロジェクトと新潟同友会が包括連携協定を締結!

 本協定締結の中心となった共育求人委員会から、担当事務局員の鈴木さんと委員長の吉田智さんから包括連携協定についてコメントをいただきました。

協定締結式

鈴木 健太

 新潟県中小企業家同友会 共育求人委員会担当

 事務局

 2019年5月15日(水)、新潟国際情報大学中央キャンパスを会場に、新潟SKYプロジェクトと新潟県中小企業家同友会が包括連携協定締結式を執り行いました。新潟SKYプロジェクトは、3つの学校法人からなる組織で「新潟青陵大学」「新潟国際情報大学」「新潟薬科大学」「新潟青陵短期大学部」「新潟工業短期大学」の5大学が所属しています。

 包括連携協定を締結したことによって、これから大学との連携事業を進めやすくなります。どう活用するかはアイデア次第、可能性は無限大です!大学と連携して「こんなことをやってみたい!」「あんなことができたら・・・」と思ったら、まずは共育求人委員会にご相談ください!

201907whiteboard2.jpg 現在、挙がっている具体案をいくつかご紹介すると、「インターンシッププログラムの作成」、「学生と企業(経営者)の意見交換会」、「学生の第23回女性経営者全国交流会in新潟への協力、参加」、「学内企業説明会に同友会ブースを出展」、「各大学の授業での講義協力」などがあります。

 その他にもたくさんの連携事業を計画していきます。大学、学生、同友会が一丸となって、共に育つことができる取り組みを考え、実施していきたいと考えています!よろしくお願いします!

吉田 智

 共育求人委員会 委員長

 燕支部

 「新潟の学生にもっと地元の面白い企業を知ってもらいたい!!」

 私の頭の中には、常にこの想いが強くありました。何のために働くのか、働くとはどういうことか、求められる人材像はどういうものか・・・など、新潟に暮らす学生のみなさんに知ってもらいたいことは尽きません。

 私たちは日々社員と〝共〟に考え、〝育〟っていくことに力を入れている経営者です。新潟同友会には、こんな経営者がたくさんいます。ですが、学生たちはこんなにも熱く、濃い経営者と会社があることを知りません!

 新潟を元気にするためには、同友会会員の会社に大学生がもっともっと入社すべきです!!この包括連携協定締結を機に学生たちと共に学びましょう!経営者でも社員でもない新たな目線を会社に取り込みましょう!このことが会社組織を大きく変化させます!

 これをきっかけに、共育求人委員会をはじめ、同友会会員のみなさんが大いに絡んでくれることを期待しています!よろしくお願いしまっす!!


吉川代表理事と野崎学長
新潟県中小企業家同友会 吉川代表理事(左)新潟国際情報大学 野崎学長(右)