いろいろホワイトボード[2018年6月号]

新潟県中小企業家同友会 第37回定時総会を開催して

◆開催日:2018年4月24日(火) ◆主 催:三条支部

 4月24日火曜日、新潟同友会第37回定時総会が開催されました。今号では、定時総会へそれぞれの立場で関わった3名の方へ取材させていただきました。

第37回定時総会 風景1

木村 由美 実行委員長

 ㈱西武商会(新潟支部セントラル地区)

 2018年4月24日、第37回定時総会を大盛況の元、開催する事ができました。新潟県中小企業家同友会の皆さん!お疲れ様でした。

 ㈱吉村の橋本社長の記念講演は私達経営者にとって自社を振り返る良いきっかけとなったのではないでしょうか。座長の樋口さん、室長の沖野さんをはじめグループ長の皆さんの活躍が大きかったと思います。各グループでは一つでも多く自社に取り入れようと熱い討論が繰り広げられました。社員の声が生かされ、自分事として力を発揮できる仕組みに10年という年月を重ねてきた橋本社長の会社改革は、一人ひとりの社員に浸透し生きている経営になっていました。

 未熟ながらも実行委員長という大役を受け、私自身も色々な学びがありました。誰かが教えてくれるのでは無く、自ら関わり、自分の事の様に参加する事で得る結果が大きく違うものだと感じました。

201806whiteboard2.jpg まさに経営とは生き物です。元気に成長出来るように、どんな栄養剤を注げば良いのか?自社の状況をしっかりと見極められる経営者になって行きたいと思います。

 最後に同友会のみなさんに、学びの場を頂いた事に感謝の気持ちをこめて。

ありがとうございました。

樋口 由賀利 座長

 ㈲エムズグラフィック(三条支部)

201806whiteboard1.jpg この度は座長という重責を任せて頂きありがとうございました。ご指名を頂いた当初は無自覚にお引き受けしましたが、静岡に打合せにお伺いし、準備を重ねるにつれ、責任の重さに身の引締まる思いと共に不安に感じる事も多々ありました。しかし、橋本社長のお話を伺い、会社見学をさせて頂きながら、新潟の皆様にも是非お伝えしたい数々の素晴らしい試みや、労働環境の整備などに触れることで、思い描く記念講演の姿とグループ討論テーマが明らかになってきました。当日の進行では対応に未熟な面もありましたが、結果的には嬉しい感想を頂き、皆様には経営のヒントをお持ち帰り頂けた事と思います。橋本社長、木村実行委員長はじめ実行委員の皆さんに深く感謝致します。どうもありがとうございました。

小林 淳 記念講演グループ長

 小林牛乳店(新潟支部サウス地区)

 記念講演については他の方にお譲りし、私の関わる部分で特徴的な事柄を2点お伝えします。

第37回定時総会 風景2 1つ目は同友会大学委員会についてです。本総会で多くの大学関係者様を来賓にお迎えすることができました。同友会大学委員会では「地域の学術・教育資源である大学研究機関との関わりを広げる」事を目指しており、先に繋がる良い機会となりました。

 2つ目は食部会です。総会でPRさせて頂いたように今年度から「食部会」が正式発足いたしました。食に携わる会員が集い「仕事づくりから始めよう」をスローガンに毎月の企業見学会と仕事づくり会議を毎月開催して参ります。お互いの仕事を知ることから始め、ビジネスで繋がり、仕事を通じて学び合い援け合う仲間を増やして行きます。会員の皆様にも是非ご周知頂き、合わせて会員増強にもご活用頂ければ幸いです。