今月のイチオシ[2019年12月号]

同友会 企業間コラボレーションのススメ!!

㈱ハーヴィッド × ㈱ウィザップ 合同ミーティング

合同ミーティングの様子

 みなさまは、普段例会や各種行事で交流を持った同友会で学ぶ仲間たちと「会社単位で交流を図りたい」と思ったことはありますか?今回は、㈱ハーヴィッド・㈱ウィザップの両社社員さんが、(お互い同友会企業だったことは後から知ったものの)連絡を取り合い、合同ミーティングを行った、という事例を紹介いたします!

 県内企業によるTwitterアカウントの担当者同士の交流会(通称:新潟Twitter会)がきっかけで知り合った両社。「営業部SPサポートチームで行っている定期ミーティングを社外で行いたい」と考えていた㈱ウィザップが、「社内のスペースをcaféとして利用してもらいたい」という㈱ハーヴィッドの意向を聞き、SNSで連絡を取り合い、この度の合同ミーティングが実現しました。

 今回は初回という事もあり時間もなくできませんでしたが、「お互いの会社の抱える課題を元にした、合同ワークショップ」というものも検討していたそうです。

 それぞれの社員さんからは、「社外で、他社の方と共にミーティングを行うことで、普段とは違う雰囲気、違った意見を聞くことが出来、非常に有意義な会議となった。」(㈱ウィザップ)、「他社のミーティングに参加することで、その会社で行っている工夫や、プレゼンの仕方や意見交換など、勉強になることが多かった。」(㈱ハーヴィッド)といった報告を受けています。

 それぞれの企業が思惑通り「新しい発見、出会い」を得る形となった今回のケースのように、みなさまも普段仲のいい企業同士、「仕事としての交流」を検討してみてはいかがでしょうか!