今月のイチオシ[2018年9月号]

ちょっとしたインテリアにお気軽な美術品を!


201809recommend3.jpg


 美術品は、同じ空間にあって何をするでもなく、心に余裕を生み出してくれる、そんな存在です。現代社会では、その価値の認識が失われつつあり、「美術品は敷居が高い」というのが一般的なイメージではないでしょうか。しかし、高価なものばかりが美術品ではないのです。

201809recommend1.jpg アートサロン掛軸堂が紹介する「ことだま」は、玄関や棚に置ける気軽な美術品です。好きな言葉・座右の銘・経営理念などを、どこか心温まる柔和なデザインで一つ一つ手書きで書き込んでもらうことで、オリジナルの一品となります。

 「言霊」とは、言葉が持つ目に見えない不思議な力を意味します。人は視界に入った文字を無意識のうちに文章として認識し、ゆっくりまじまじと見続けることが出来なくても、認識した言葉は十分に心に響いてくるのです。

201809recommend2.jpg 玄関で、棚で、机の上で目に入った「ことだま」は、ふとした時に落ち着きを与えてくれる作品です。職場・家庭のちょっとしたインテリアに、ちょっとした美術品はいかがですか?

[アートサロン掛軸堂 代表 高橋きよ江(新潟支部ウエスト地区)記]

お問い合わせ先

アートサロン掛軸堂 地図アートサロン掛軸堂

新潟市中央区高志2-16-17
Tel.025-288-6188
Fax.025-288-6344