INFOMATION : 新潟県中小企業家同友会政策委員会について

新潟県中小企業家同友会政策委員会について

政策委員長 佐久間 將

新型コロナウイルス感染症、未だ収束の兆しは見えず、かつて経験したことのない社会環境が私たちを包み込んでいます。この混沌とした環境下にあっても、私たち経営者は、社員の暮らしを守りながら、会社を継続していかねばならなりません。
私たち中小企業が継続・繁栄するための障害となるいくつもの課題、その中でも経営者の自助努力で解決できない課題解決に的を絞り挑戦するのが政策委員会です。
この非常事態においても、平時からの活動の蓄積は「1社もつぶさない」を合言葉に、国や県、市町村への素早い政策提言として影響力を発揮しています。
その他にも成果を挙げれば、古くは、金融アセスメント法案の成立で「貸し渋り」や「貸しはがし」防止への寄与、現在進行中の中小企業振興基本条例制定運動では、中小企業の存在価値を明確にし、今般の非常事態にあっては、中小企業の経済支援政策早期実現への提言活動、アフターコロナ対策として「劣後ローン」という企業の財務健全化のための金融政策の具現化に寄与、など多くの事例が上げられます。
これらについては、同友会員でなければ知りえない活動かもしれませんが、同志としては大いなるプライドとして後世に引き継ぐものであることは否めません。
『同志よ、来たれ政策委員会へ!!』

[政策委員長 佐久間 將 記]