特集:輝く!新潟企業家[2019年1月号]

㈲ケーエスファーム 取締役専務 加勢  健吾(長岡支部)

我が子と仕事が教えてくれたこと --小さな希望をサービスとして提供したい--

加勢 健吾(長岡支部)
㈲ケーエスファーム 取締役専務

小次郎との出会いが私の人生を変えた

加勢  健吾 取締役専務 人生とは「出逢い」で変わる...とよく言われますが、私も息子との出会いで大きく人生が変わったと思っています。

 私には2人の息子がいます。長男は先日5歳になったばかりの活発な子で、最近では、ワガママばかり言うようになり、それはもう苦労をしていますが、それでも日々の成長に喜びを感じています。そして、もうすぐ4歳になる次男。名前を小次郎といいます。小次郎との出会いが、私の人生を大きく変えるきっかけになりました。

 小次郎は障がいを抱えて生まれてきました。生後2日目にして医師から「ダウン症の疑いがある。」と診断され、検査の結果、ダウン症に加え、心臓と気管支に合併症が見つかり「すぐに大きな病院に入院しないと死んでしまう。」と告げられたのです。

 お恥ずかしながら、私は生まれて初めて膝から崩れ落ち、そして泣き崩れました。その日から、家族は離ればなれで暮らすことになりました。

 小次郎と私の妻は、静岡県の専門の子供病院に転院し、長男は私の仕事の都合もあり、遠い妻の実家に預かって頂くことになりました。家族が揃うのは1ヶ月に1回あるかないか...。

 「障がいを抱えた我が子の面倒を一生見ないといけないのか?」「この子は将来自立できるのか?」「一生、この子の面倒を見るにしても、親である自分が先に死んでしまったら誰が面倒を見てくれるのか?」。私にも同じ不安があり、その不安は障がいを抱えた方や、障がいを抱えた方のご家族にしか分からないものだと思います。

201901feature4.jpg

ビジネスはお客様の「困った」を解決すること

 私は酪農業を営んでいます。そして生産した牛乳を自分たちの手でアイスクリームなどに加工して販売を行う農業の「6次産業化」に取り組んでいます。

ガンジー牛乳の生産 6次産業化をスタートさせて今年で10年目になりますが、地元である新潟県長岡市の特産品として扱って頂くまでになり、全国の百貨店などともお取引をさせて頂いております。沢山の苦労を重ねてきましたが、今では様々なテレビ番組やラジオ、雑誌、新聞に取りあげて頂けるようになり、講演会や経営の勉強会の講師なども務めさせて頂けるまでになりました。

 私は講演会や勉強会で、多くの方々に「ビジネスとは、お客様の困ったことを解決し、喜んで頂き、その喜びをお金に換金する仕組み...、それがビジネス。」そして「まずはお客様の『困っている』を見つけることが大切」と常々伝えてきました。

 私は、我が子の誕生を通し多くの方々の「困っている」を見つけました。その「困っている」こととは、障がいを抱えている方や、障がいを抱えている方のご家族が持つ「不安」です。この「不安」を少しでも軽くするため、自分には一体何ができるのかを考えた結果、障がいを抱えている方が「働く喜びを感じることのできる就労の場」を1か所でも多くつくること。そして、その情報をきちんと整理し、障がいを抱えた方やそのご家族の方々に対し「大丈夫!心配しないで!」「障がいを抱えた人たちも、こんなに元気に、幸せに毎日を生きているんだよ!」と、伝えることの出来る情報発信を行うことに行きつきました。

 特に情報発信はとても重要なものだと考えており、医師から「昨日生まれたお子さんは障がいを抱えています。」と告げられ、幸せの絶頂から、どうしようもない不安と絶望に叩き落とされた人たちは、その不安と絶望の中で、ただただスマートフォンを片手に我が子が持つ障がいについて調べるのです。そのときに「大丈夫!」と、同じような境遇を経験した方々から言ってもらえ、実際にその子たちの活躍を見ることができたなら、いかに勇気付けられるか。そんな、不安と絶望の暗闇を彷徨う中、小さな希望という光を差しのべるような、そんなサービスをつくり上げることが、今の私の目標です。

障がいを抱えた家族の不安を少しでも軽くできるサービスを作り上げたい

 私は今年で35歳になります。日本の平均寿命から考えると、あと50年くらいは生きられるとして、その残りの50年をすべて費やしてでも、私はこのサービスを実現させるつもりです。

 そして、小次郎が将来大人になるにつれて、「どうして自分は障がいを抱えて生まれてきたのか?」と、自暴自棄になる時がくるかもしれません。そのとき、私は彼の父親として「小次郎が生まれて来てくれたから、お父さんは頑張れたんだよ」と、「小次郎が生まれて来てくれたおかげで、たくさんの人がハッピーになれたんだよ」。「お父さんは小次郎と出逢えたから、たくさんの人に感謝をされる素晴らしい仕事ができているんだよ。」と、言ってあげられるような、そんな取り組みをしていきたいと考えています。

【㈲ケーエスファーム 取締役専務 加勢 健吾 (長岡支部)記]


201901feature5.jpg

㈲ケーエスファーム

〒949-4505長岡市根小屋325
Tel.0258-74-2863
Fax.0258-84-7752
◎事業内容
ガンジー牛乳の生産・加工・販売



店舗(加勢牧場)

営業時間10:00〜19:00/定休日:火曜