企業進化論〈68〉株式会社 吉田工業[2020年7月号]

歴史に隠れたストーリーを訪問インタビュー 企業進化論

大切なのは『人間力』
自社にしかできない仕事を

株式会社 吉田工業
代表取締役:吉田 智 氏

住所:燕市吉田法花堂1853-8
TEL:0256-92-6032
業務内容 : 作業環境改善装置、設計、施工
創立:昭和55年
従業員数:25名

 2020年4月、燕市にある株式会社 吉田工業が社屋をリニューアルされました。改装に伴い、事務所の2階を増設。会社のこれからをイメージした社屋は、今まで抱えていた様々な問題を解決するきっかけになりそうです。今号は、株式会社 吉田工業の吉田智代表取締役から、吉田工業の今と未来について伺いました。

業務紹介

 吉田工業は作業環境改善装置の設計・施工を行っています。簡単に言えば、工場や建物の空気をきれいにするための設備を作る仕事です。現場に足を運び、その現場とお客様の要望に100%マッチした設備を準備することは非常に難しいことですが、社員一人ひとりが個性を活かし、お客様と信頼関係を作り上げることで、大手企業にも負けない成果や技術を身に着けることができています。

10年ビジョンと新社屋

 新社屋へ改装する決断をしたのは、今から2年程前のことです。吉田さんは自社の10年ビジョンを考える中で、「今後、自社事業に対する需要増加が予測されること」「そのためにも、自分の代で従業員数50人の企業にすること」という観点から、すでに手狭になり始めていた社屋を改装することを決断。増設部分には、50人分のロッカーや会議スペース、仕事柄必要だったシャワールームや仮眠もできる休憩スペース、筋トレ、ゲーム等ができるレクリエーションルームをつくり、出張準備などで社内泊もできるように設計しました。また、吉田工業ではフレックスタイム制を採用しており、社員は自身の仕事に応じた出勤を行っているため、常に全員がいるわけではありません。それぞれの机を共用のパソコンを使うことでパブリックスペースにしていきたいと考えているそうです。
いわゆる、働き方改革と呼ばれる取り組みですが、こういった取り組みには理由があると吉田さんは話します。

歴史に隠れたストーリーを訪問インタビュー 企業進化論

「人間力」を発揮できる企業へ

 吉田工業が大切にしている事は「人間力」です。人間力とは、と言葉にするのは難しいものですが、コミュニケーション能力や、相手のことを考える能力が高くなることで、仕事は成功しやすくなります。人間力を発揮するためには、心にゆとりを持つことが必要です。
 会社は、社員の人生を預かる場所です。社員が「充実した職場」と感じてくれることで、心にゆとりが生まれれば、「物を売る営業」ではなく、「お客様の問題を解決する営業」ができると考えています。「みんなが無理せずガツガツしていない会社」になればと、飲み会やレクリエーションを行い、時には喧嘩になりながら社員の話を聞く場を作り、できるだけ風通しの良い環境を目指しています。

今ある技術で戦う、これからの吉田工業

 現在は、新型コロナウイルスの影響よりも、昨年の消費増税の影響が続いています。しかし、今後新型コロナウィルスによる影響も増えてくると考えています。最近は、環境改善に関する技術を活かして、「クリーンルーム事業」への進出を進めています。医療現場や半導体製造の過程で必要になるクリーンルームを部分的に使えるようにすることで、大規模な施工なしでスポット的に使用することができます。今ある技術を、どう活かしていくのかを考えています。

歴史に隠れたストーリーを訪問インタビュー 企業進化論

歴史に隠れたストーリーを訪問インタビュー 企業進化論