ANOTHER REPORT[2020年8月号]

ANOTHER REPORT[2020年8月号]

新潟県中小企業家同友会 第39回定時総会

(2020.6.13 @ Zoom(中継箇所 新潟同友会事務局 上越市民プラザ 分科会報告者4社) にて開催)

新潟同友会初の完全オンライン定時総会へ
ご協力ありがとうございました!!
新潟同友会代表理事のお二人よりメッセージです!!

定時総会実行委員長
新潟同友会 代表理事 古川 敦義 記

本来、女性経営者全国交流会が開催される筈の6月18日。この日は、2か月遅れの新潟同友会定時総会に代わり、情勢を考慮し苦肉の策として、事務局拠点の各地をリモートで繋ぐ完全オンライン開催となってしまいました。
124名の方々にZOOMで御参加頂き、多少のドタバタはあったものの、第1部は総会、動画お披露目、表彰と順調に進み、続く第2部は上越拠点からの基調報告。飲食業同様にコロナ禍で苦戦を強いられた美容室経営の関原さんの報告。生々しい自分の反省と変化への覚悟は、多くの人の胸を突き刺す、迫力ある内容でした。直前の体調不良を感じさせないパワーに感動いたしました。続く4つの分科会は、新たに副代表理事に就かれた4目が各社からの報告。パワーポイント作りで競い合った姿勢が、参加者の皆さんにきっと届いたと思います。ライバルであり、仲間である。新潟同友会の良さが、皆様に伝わった基調報告と分科会だったと思います。
全ての共通テーマ「コロナ禍を生き抜く。そして変革へ!」は、会員全員の課題です。これから、いろんな事話し合いながら、ライバルとして、そして仲間として、この苦境を乗り越えていきましょう!

Zoomを使用したWeb会議

新潟同友会代表理事 吉川 芳邦 記

今回のオンライン総会は、概ね好意的に受け止めていただき、今後へ希望をつなぐこともできました。事務局はじめ会員の皆さんのご尽力に心から感謝いたします。
ところで、今回のコロナ禍で、多くの会員の皆さんが、経営に大きな打撃を受け、将来への大きな不安も抱えています。
私は、こんな時こそ同友会の真価が問われていると思います。何としても真の学びの機会をつくり、交流を深めていくことが必要です。また、会員の皆さんも「何のための経営なのか」の原点に立ち返り、今ある経営資源を最大活用し、新たな価値を創造していく気概を強く持たなければなりません。
大きな変化の今こそ、新たなステージへの「チャンス」と捉え、勇気を振り絞って、共に挑戦してまいりましょう。

Zoomを使用したWeb会議