同友にいがた vol.342[2016年3月号]

同友会での気づきや出逢いが自分の一生の宝! | 同友にいがた vol.342[2016年3月号]

同友会での気づきや出逢いが自分の一生の宝!

地濃 宏治 さん(新潟支部)
株式会社PecoRi HAIR ROOM 代表取締役

〒950-0964 新潟市中央区網川原1-21-9-2F
Tel.&Fax. 025-288-6604
Web: http://pecori-hair.com

私の原点

私は田舎の農家の次男として生まれ、勉強が嫌いで遊ぶ事ばかり考えて過ごしてい ました。勉強は嫌いだけど、モノを作ることは好きで、暇さえあれば絵を描いたり工作した子供時代、兄は子供の頃から親に「お前は農業を継げ!」と言われて育てられました。そんな兄を私は、レールを敷かれてかわいそうだなぁと思う反面、将来が決まってうらやましくも思ってました。

そんな中、自分は自由ではあるが、将来何を仕事にしようか小学生から考えていました。中学に入り、自分も少しはカッコよくなりたいと思う時期で、それまで爺さんにお堅い床屋さんに連れて行かれていて、「刈り上げにしないでください!」と伝えると最後に必ず床屋のおばさんが頭のてっぺんまでバリカンで刈り上げる始末。カッコ悪い始末。これを何年も続ける始末。ここから脱却したい。僕はある日、兄からちょっとオシャレなお姉さんがいる床屋さんを教えてもらい、初めて行くことに。前日に自分なりに鏡の前でイメージしてこんな感じかなぁ。 今までのてっぺんまで刈り上げという軽いトラウマ(笑)でドキドキしてましたが、いざ!私は生意気にもツーブロックをオーダーして、お姉さんが理解してくれて完成した瞬間、心が揺さぶられた感じ!!生きていて今までに無い、初めて自分が少しカッコよく思えた瞬間でした!感動です。

この衝撃が私の原点なのです。喜びの感動、自信を与え、可能性が広がりました。技術で人に 喜んでもらえ、人生までも変えることの出来るこの仕事に、「これだ!こういう人になりたい!」と思った瞬間でした。

基礎を創る修行時代

高校を卒業して、好きな美容師に教えてもらいながらお金が頂けるならと、通信教育を選択し、新潟で多店舗展開してる大手に就職しました。先輩にも良くしてもらい、毎日が新鮮で刺激的で、教えられるものすべてを吸収していきました。

美容師は接客業でもあり、また、カットも展開図を描いて組み立てる建築業的でもあるという美容師としての基礎を17年間教えて頂きました。そこのお店は「よろこんでもらってなんぼ」という関西出身の社長の理念。お客様に喜んでもらわなければ意味がない!でなければ「金返してこい!」という、美容師よがりの技術屋でなく、お客様の立場になってニーズに応えるという一番大切なことを教えて頂きました。

次の店はちゃんとした理念が無く「質の高いサービスを」というテーマ・目標でお客様にとっての上質なサービスとは何か?を、日々ミーティングをしたりいろんな試行錯誤をして追求してました。ただ、オーナーは技術屋で凄く上手いのですが、気分のムラが激しくお客さんもそれを感じる位で、皆、気を遣うサロンの空気でした。このままではいかんなぁと感じ、何度も何度も、意見を述べたのですが、それでも本気で変わろうとしないオーナーの姿に、「お客様がかわいそうだな!」と思っていました。私も基礎技術を磨き直していく中で、矛盾の多いお店(オーナー)やお客様のことを考えれば考えるほど、私はお店を自分で出すしかない、と決意しました。

出店からの悩み

何とか5年で頭金を貯め、2012年の冬に自分のお店をオープンしました。当初予定していたオープニングスタッフにはドタキャンされ、急きょ冬季休みのうちの兄にシャンプーを教えて手伝ってもらいスタートしました。

お店の方は有り難いことに前のお店からのお客様にいっぱい来店して頂き順調で、半年で軌道にのることができました。その後スタッフも3人体制になり、春には新卒も2人入社して5人体制に。ですが、その三か月後、新人一人が辞め、その三か月後に一人辞め、その一年後に新卒の子が辞めていきました。その間にも、試用期間中に辞めた人もいました。売り上げはそこそこ順調だったのですが、人が続かないことの大きな悩み。この時の私は、長く続かないのは全て辞めていく本人のせいにしていました。

同友会との出逢い

そんな時期に、私のお店を創って頂いたBM企画の馬場社長さんが、そんな私を見るに見かねて、同友会の「経営指針を創る会」を紹介していただき、入会を即決しました。一人でもがいていた私に希望の光をくれました!ずっと人のせいにしてたけど、よく考えれば一緒に働く人が楽しさも無く辞めていき、いったい私はどこに向かってるのか? これからどうしたいのか?辞めた理由は自分にも非があるのではないか?フラフラで独りで走っていました。

経営指針を創る会で

経営指針を創る会を受講し、今までの自分の過去から現在を振り返り、私は今まで自分が一番頑張った、一番やってる。自分のようにやればお客様は喜ぶんだよ!ついてこいよ!って心でずーっと思ってスタッフに関わって仕事してました。自分が一番正しいと。自分もお客さんのためといいながら無意識に自分のためにスタッフを使っていたという感じでした。一番最悪の人間になってました。そのことを経営指針を創る会でメンターの方々に本気でぶつかってきてもらい、温かいやさしさと熱い情熱でやっと気づかせてもらいました。感謝です。情けない自分と、今まで辞めて行ったスタッフに対して申し訳ない想いで涙があふれました。想いばっかりで皆が見てわかる経営理念や方針もなく、独りで伝えきれずに感情がピリピリ頭でグルグル仕事していては、これでは誰もついてくる人などいない!よかれと思い、思いっ切り突っ走ってましたが、間違いでした。

覚悟を決める

経営指針を創る会での気づきから、今までの自分を捨てて、心からスタッフが居てくれて自分が仕事できることにまず感謝しました。そして、これからは「一緒に働いてもらうスタッフを幸せにする、スタッフ が一生働ける職場、会社にする」という覚悟をしました。その覚悟を実現するために、働く環境を整え、人生をデザイン するという意味の「いいね!デザインします!」という経営理念を創り、皆に伝え、共感してもらい、 スタッフを尊重し、共に学び合い、共に動きだしました。

昨年春、個人事業主から法人成りし、やっと社会保険へ加入しました。また、産休、育休制度、リフレッシュ休暇(約1週間)賞与などの制度を導入しました。今後も自分達で勝ち取って、もっともっと、幸せの制度を増やしていきたいと思っています。

PecoRi HAIR ROOM

最後に

同友会に入会したら、ぜひ経営指針を創る会を受講して欲しいです。なぜなら、同期と共に涙して笑えて心から励ましたり正直な意見をくれる仲間に出会うことが出来るからです。受講してた時は、メンターは自分の中では先生と生徒という関係に少し感じていましたが、メンターは自ら心を開いて深ーい愛情を持って真剣に関わってくれる情熱的で魅力的な人たちで、同友会の先輩ですが大事な仲間となりました。

経営指針を創る会での心と心の本気の関わりは、必ず参加した人にとって一生の自分の宝になる事でしょう!僕は心からありがたいメンバーに出逢えたことに感謝しています。

<株式会社PecoRi HAIR ROOM 地濃 宏治(新潟支部セントラル地区)記>


取材班がみつけた会社の横顔

今回は「PecoRi HAIR ROOM」さんに、お邪魔してきました。

まず、お店に入りとてもおしゃれな雰囲気のお店!そのあとに、地濃さんのほんわかした、いらっしゃいませ、の笑顔でお出迎えしていただきました。今回、私の髪の毛をカットとカラーをお願いしてきました。

PecoRi HAIR ROOMカットしてもらいながらお話しを伺いしていたのですが、いつの間にか地濃さんのペースにはまり、私の髪型はお任せになり、カラーも久しぶりに明るめの茶髪の赤色になりました。髪がさっぱりして色も明るくなり私の少し暗めの顔も明るく見えるようになり、少しイメージチェンジでき、気に入りました。シャンプーの席に案内してもらった時にパッと目に入ったおしゃれな絵。絵の額はもともと鏡が付いていた物をアレンジして作った物、と説明してもらい地濃さんの芸術センスも感じられました。その上お店のスタッフのみなさんもすごく笑顔がよく、イケメン店長や可愛いいスタッフ揃いで地濃さんが昔スタッフの事で悩んでいたなんて、信じられないほど良い雰囲気でした。地濃さんのあったかいイメージがそのまま出ていて、とても居心地が良かったです。またペコリさんにお邪魔したいと思いました。

P.S.
ペコリさんにはVIPルームがあり個室でお母さんとお子様が一緒にカットできたり夫婦で仲良くカットできる個室があり、いろいろなお客様に対応できるようになっていました、是非皆さんも「PecoRi HAIR ROOM」さんでカットしてみてはいかがでしょうか。

<炭焼居酒屋竹ぼう 住吉 武則(新潟支部セントラル地区)記>

同友にいがたPDF版ダウンロード

同友にいがた vol.342[2016年3月号] (PDF)

同友にいがたスポンサー広告

  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告