同友にいがた vol.323[2014年8月号]

第46回定時総会の大成功おめでとうございます。そしてありがとうございました。

先の7月10日、11日と中同協第46回定時総会が大盛況のうちに終わることが出来ました。

全国から1,111名もの皆さんから、そして新潟県内からも282名の参加があり、大変ありがとうございました。度重なる事前打ち合わせ、全国へのPR活動、そして当日の運営へのご協力等々、大変ご苦労様でした。事務局のみなさんも、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。今回の定時総会大成功と、ここに至るまでのプロセスが、新潟同友会会員同士の絆を強くし、支部を超えた一体感を作り、支部への入会でなく新潟県中小企業家同友会への、しいては中同協への帰属意識を感じたと思います。これを機にさらに皆さんと協動し、良い会社、良い経営者、良い経営環境を作っていきましょう。

定時総会設営担当を受けて

「中同協第46回定時総会の設営を新潟で」と依頼がありました。「これはえらい事になるぞ」と内心思いました。2年前の正副代表理事会でのこと。皆さんの目が一斉に私の方を向き、池田事務局長までが・・・。結局私が定時総会担当代表理事となり、実行委員長は(株)給材の宮崎さんにお願いしました。その後、副実行委員長4名を説得し、チームリーダーも決定。さすが同友会、みなさん快く引き受けていただきました。

第46回定時総会 IN 新潟それからはPR活動が始まり、その後の全国行事のすべてを踏破しました。全国行事13か所、中同協幹事会、ブロック会議等5か所、隣県総会5か所、県内支部総会、例会18か所、大変な行動力でした。特に実行委員長の宮崎さんにはご苦労をおかけしました。全国行事では各県なりのオリジナリティー(創意工夫)には感心すると同時に、参考になりました。また、何よりも何処の県でもこれが「個性ある経営者の集まり」かと、思えるほど一体感があり、同友会会員のすごさを再確認いたしました。県内支部も総会、例会と多く参加させていただき、それぞれの支部なりに検討されている姿に触れ、大変身近に感じることが出来ました。また参加したいなと思いました。

定時総会での学び

中小企業家同友会は、我々中小企業がどんな環境変化にも対応できる体質の企業づくりが目的です。今、経営環境、政治環境はますますグローバルになり、1国の都合で制御できなくなっています。まして最近の中国やアジア、中近東は政治的不安定となっており、グローバル経済環境が大きく影響を受けそうです。すでに日本の大企業はその存在が危ぶまれるほどに振り回されています。過去には我々中小企業も、地方行政も大企業からの恩恵がかなりあったと思います。しかしこれからは違います。今の大企業は自社が生き残ることに精いっぱいです。今まで関わってきた中小企業への仕事も激減しています。また国や政治家も、あたかも中小企業の方を向いているように見せかけているだけのような気がします。

そんな中、この総会で、我々中小企業が今後生き残る為には、どんな経営者になり、どんな企業になり、どんな地域になればよいかのヒントを沢山教えていただきました。第46回定時総会議案書「第1章 昨年度を振り返って」は、昨年度の企業づくり、地域づくり、同友会づくりは何をしてきたか、行動して結果は、その成果はどうなったかが書いてあり、「第2章中小企業をめぐる情勢」は世界経済、日本経済はどう変化し、中小企業にどんな影響を与えたか。「第3章本年度の課題と活動方針」では、中小企業振興条例の制定の必要性、その条例をどうすれば地域で活用できるか。5年後10年後の為にエネルギーシフトを考え、具体化し、持続可能な地域づくりを目指すとか、これからの中小企業は何をすれば良いかの方向性が網羅されております。是非もう一度熟読され、新潟県同友会や、各支部や、自社の経営の指針としていただきたいと思います。

第46回定時総会 IN 新潟

定時総会を終えて

今回の定時総会を無事終える事ができて、大変多くの体験と、出会いと、気づきを得ることが出来ました。全国各地を回らせていただき、多くの強い企業や経営者にお会いでき、強い企業づくり、同友会づくり、地域づくりを学ぶことが出来ました。

また、総会準備についても2年間にわたるPR活動、数多くの会合、打ち合わせ、そして行動、とても仕事をしながらできる量をはるかに超えております。これを実行された皆さんはきっと強い企業になれると思います。

最後に、定時総会担当代表理事として200名を超える実行委員の皆さん、資料作成や準備、連絡にと完璧に実行していただいた事務局の皆さん、そして各支部の役員、会員の皆さん、本当にありがとうございました。特に実行委員長の宮崎さん。 副実行委員長の皆さんには大変感謝し、御礼申し上げます。

そして何よりも、全国から新潟へ来ていただいた皆さんに心より感謝いたします。

<第46回定時総会担当代表理事 (株)吉田工業 取締役会長 吉田徳夫(燕支部)記>

【舞台裏から】新潟にときめき、出会いを絆にできましたか?

新潟にときめき、出会いを絆にできましたか?おかげさまで、第46回定時総会 IN 新潟を、大盛会で終えることができました。およそ2年間、一緒に進めてきた準備も、直前になって台風や大雨で開催すら危ぶまれましたが、終わってしまえば、皆さんはそれすらも演出に変えてしまった感があります。ちょうど懇親会時の花火の時に雨が止むなんて、奇跡としか言いようがありません。

閉会式では、何と言いますか、皆さんに感謝することが多すぎて、ついつい感情が先に出ちゃって、ちゃんとお礼が言えませんでした・・心から、ありがとうございました!皆さんお1人お1人がいなければ、新潟総会は大成功といえるものはできませんでした。回収したアンケートを見ると、「良かった」ではなく「感動した」という言葉が何枚も見られます。 皆さんのもてなす想いが間違いなく伝わった証しです。

「ときめく新潟、出会いを絆に」―皆さんにときめき、この総会を一緒に設営できた喜びを噛みしめながら、事務局一同、また次の目標に向かって動き出します。今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

<新潟県中小企業家同友会事務局 瀬野弘貴 記>



第46回定時総会 IN 新潟

同友にいがたPDF版ダウンロード

同友にいがた vol.323[2014年8月号] (PDF)

同友にいがたスポンサー広告

  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告
  • 同友にいがたスポンサー広告