6月は「中小企業憲章推進月間」です。

中小企業憲章推進月間

?

6月は、同友会が推奨する「中小企業憲章推進月間」です。

政府は2010年6月に中小企業憲章を閣議決定し、中小企業は経済を牽引する力であり社会の主役であると高く位置づけています。

中小企業憲章は、日本の経済・社会・文化及び国民生活における中小企業・自営業の役割を正当に評価し、豊かな国づくりの柱にすえることを国会が決議し、憲章の精神を実現するために、現行の中小企業基本法をはじめ、諸法令を整備・充実させる道筋を指し示すものです。

すでに、EUでは、2000年に「欧州小企業憲章」を制定し、中小企業を「欧州経済のバックボーン」「主要な雇用の源、ビジネスの発想を育てる大地」であるとの理念を掲げ、ヨーロッパ経済戦略の中核に中小企業を位置付けています。

近年、経済のグローバル化が進展する中で、産業や地域の空洞化、地域経済の衰退が顕著になってきました。このままでは、日本経済の健全な発展と国民生活の安定は望みようがありません。日本経済を草の根から再生するためには、中小企業・自営業が元気になりその本来の力が発揮できるような環境を整えることが必要です。

「国民や地域と共に歩む」ことをめざす中小企業家同友会では、中小企業憲章の国会決議をめざしています。併せて、地域経済の活性化を促す、「中小企業振興基本条例」の制定、あるいは時代にそくした条例の見直しを各自治体に呼びかけていこうとするものです。2013年4月時点、25道府県・94市区町で条例が制定されております。

?

中小企業家同友会全国協議会「中小企業憲章サイト」http://www.doyu.jp/kensyou/

?