燕支部5月例会―より健全な経営を、より冷静に見つめなおすために

新潟県中小企業家同友会   燕支部5月例会

より健全な経営を、より冷静に見つめなおすために
さまざまな視点から企業と経営者を分析してみましょう。
定性分析・定量分析・時系列分析・比較分析

報告者/  (株) エム・ワイ・エンジニアリング
総務部長  小川 由弘 氏
日付/2009年5月19日(火) 19:00?21:00
参加費/無料 会場/ 燕市勤労者福祉センター【報告概要】

燕支部では過去から多くの経営者の方々から経営経験や貴重なアドバイスを報告していただき、各会員はもとより報告者にとっても学びの多き有益な例会として開催してきました。

企業経営にとって金融機関との関係は切っても切れない生命線のような関係であることは言うまでもありませんが、視点を変えた意見を聞くことや考え方を参考にする機会はなかなかありません。

今回の報告では(株)エム・ワイ・エンジニアリング総務部長の小川氏より、違った角度からみた企業・経営者への各分析方法を説明していただきながら報告していただきます。

従来の経営者の資質や考え方が、相手によっては逆の見方や考え方をしていたり、判断材料や基準が違っていたりすること多々あることですが、それを知ることから新たな革新に繋がる事と思います。

現代の時流の速さを強く感じられる方、今後の経営を真剣に考えている方、自分自身を変える切欠を作りたい方、より良い事業継承を願う方、どんな内容であろうとも、自分自身の意識と少しの時間を費やす事から変化は始まります。

より良いタイミングと思い、是非参加くださいますようよろしくお願い致します。

燕支部5月例会(5/19)に

参加します  / 参加できません

会社名               氏名
お申込は 新潟県中小企業家同友会事務局
TEL 025-287-0650 FAX 025-286-8025

7月新潟支部例会-試練も恵みなり!全てに学ぶ!学びと実践を通して本物の経営者に

試練も恵みなり!全てに学ぶ!
学びと実践を通して本物の経営者に日 時  2009年7月22日(水) 18:00?
会 場 新潟テルサ 
 受付18:00? 例会&セミナー 18:10?21:15
参加費 例会 無料  懇親会 3000円

(株)曙産業 代表取締役 大山 治郎氏

 ●講師のプロフィール
ooyama(株)曙産業はプラスチック製家庭日用品を、企画設計から金型・成形まで一貫生産している会社です。大山氏自身のアイディアから商品化されたものが多く、ヒット商品「マジックしゃもじ」の他、マジックトレー、氷鉢、パンスライサーケース等20年以上のロングセラー商品もあります。幼少時代の逆境をバネに、生来の明るさと不屈の精神で歩んで来られました。 また絵画鑑賞が好きで、絵画コレクションは絵を通じて感性を磨き、もの創りに役立たせたいと始められたのがきっかけと聞いております。「自分を育ててくれた町に恩返しを」と、仕事と共に公職にも力を注ぎました。好きな言葉は「試練も恵みなり」「全てに学ぶ」として幅広くご活躍されております。

申込書はこちら 新潟支部例会(5月・6月・7月)

6月新潟支部例会-逆境に打ち勝つ!元気な企業づくりと地域づくり

逆境に打ち勝つ!
元気な企業づくりと地域づくり
日 時  2009年6月26日(金) 18:00?
会 場 朱鷺メッセ 中会議室 受付18:00? 例会&セミナー 18:10?21:15
参加費 例会 無料  懇親会 3000円
中同協会長 鋤柄 修氏(すきがらおさむ)
sukigara1中小企業家同友会全国協議会 会長/(株)エステム 代表取締役会長
 中小企業を取り巻く環境は世界的な不況と市場縮小など逆境の中におかれています。この逆境の中で、経営者として、また後継者として何を学び、何を実践するべきなのでしょうか。中小企業家同友会全国協議会の会長である鋤柄氏から、逆境に打ち勝ち、黒字経営を続ける元気な企業づくりと魅力ある地域づくりにつて講演いただき、同友会での学びと実践を学びあいます。
(株)エステム企業概要  創業:1970年 社員数:400名、売上高38億円、事業内容:水処理に関する環境保全事業、水処理プラント設計施工管理・メンテナンス、環境関連機器販売

申込書はこちら 新潟支部例会(5月・6月・7月)

5月新潟支部例会?経営指針に基づく経営で業界トップに

hirohama1経営指針に基づく経営で業界トップに
?同友会で学んで実践すると会社は良くなる?

日 時  2009年5月21日(木) 18:00?
会 場 朱鷺メッセ 中会議室 

受付18:00? 例会&セミナー 18:10?21:15

参加費 例会 無料  懇親会 3000円

(株)ヒロハマ 代表取締役 広浜泰久氏
千葉同友会代表理事/中小企業家同友会全国協議会幹事長

国内わずか3社という業界で約45%のトップシェアを占める?ヒロハマ。自社設計開発を行う「缶部品メーカー」として業界リーダーの地位を確立しています。同社2代目経営者の広浜氏は、物心ついた時には社員はみな住み込みで働いており、何の疑いもなく”社員は使用人”と思っていました。1990年千葉同友会に入会し、初めて参加した例会で、「会社は家業ではなく公のものである」という会員の報告を聞いたことが経営者としての第1の転機となりました。第2の転機は1997年、自分の独断に近い形で決めた仕事で失敗し、月商2ヶ月分の損失を出してしまった時です。その後は……。
本セミナーでは、広浜社長の実践について学んでいきます。
【企業概要】 創業:1951年/資本金:6,250万円/社員数:120名(パート含む)
年商:28億3,400万円  事業内容:金属缶用口金・キャップ等の製造

参加申込書はこちら 新潟支部例会(5月・6月・7月)申込書

4月22日―モノづくりのパラダイムシフト?大経済危機を乗り切る?日刊工業新聞社 代表取締役千野 俊猛 氏講演会

と き 4月22日(水) 14:00 受付
基調講演 14:30?18:40
懇親パーティー 18:40?20:40

ところ 新潟グランドホテル 3F「悠久の間」
新潟市中央区下大川前通3ノ町 2230番地 TEL025-228-6111(代)

参加費 9,000円 講演のみ3,000円 懇親会 6,000円

★基調講演(14:30~)
日刊工業新聞社 代表取締役
千野 俊猛 氏(ちのとしたけ)
「モノづくりのパラダイムシフト?大経済危機を乗り切る?」
※パラダイムシフトとは?その時代や分野において当然のことと考えられていた認識が、革命的かつ非連続的に変化すること

参加される方は info@niigata.doyu.jp まで 

e58d83e9878ee7a4bee995b7新潟県中小企業家同友会 第28回定時総会

モノづくりのパラダイムシフト

?大経済危機を乗り切る?
日刊工業新聞社 

代表取締役 千野 俊猛 氏 講演会

?

?

モノづくりのパラダイムシフト 日刊工業新聞社 千野社長ー新潟県中小企業家同友会第28回定時総会の案内はこちらPDFファイル

と き 4月22日(水) 14:00 受付
基調講演 14:30?18:40
懇親パーティー 18:40?20:40

ところ 新潟グランドホテル 3F「悠久の間」
新潟市中央区下大川前通3ノ町 2230番地 TEL025-228-6111(代)

参加費 9,000円 講演のみ3,000円 懇親会 6,000円

★基調講演(14:30~)
日刊工業新聞社 代表取締役
千野 俊猛 氏(ちのとしたけ)
「モノづくりのパラダイムシフト?大経済危機を乗り切る?」
※パラダイムシフトとは?その時代や分野において当然のことと考えられていた認識が、革命的かつ非連続的に変化すること

参加される方は info@niigata.doyu.jp まで 下記をご記入いただきお申込下さい

件名:4月22日―日刊工業新聞社 代表取締役千野 俊猛 氏講演会申込書

会社名               氏名                   
会員外の方→電話          FAX                  
住所                E-mail
申込・問合せ…新潟県中小企業家同友会  〒950-0926 新潟市中央区高志1丁目3-21
tel.025-287-0650 fax.025-286-8025 E-mail. info@niigata.doyu.jp

3月17日にいがたJOBWAYを開催します「大好評につき!望む人材像part2―職業と企業を選ぶときにみるポイント?」

セミナー

「望む人材像part2
  ―職業と企業を選ぶときにみるポイント?」

1.就職に関する意識調査から
・04年から08年の変化
・学生が会社を選ぶときのポイント
  →パネリストより「学生から自社の何を見てほしいか」
・就職したらどれくらい働くつもりか
  →パネリストより「採用したらどのくらい働いてほしいか」
・あなたにとって「働く」どういうことか
  →パネリストより「どんな気持ちで働いてほしいか」

2.望む人物像
・採用・面接で重視すること、採用するポイントは
・就職活動をしている学生のみなさまにアドバイス
・望む人物像-社員としてどんな人に成長してほしいのか

●第3回/2009年3月17日(火) 13:30?

会場は 朱鷺メッセスノーホール

セミナー

「望む人材像part2
  ―職業と企業を選ぶときにみるポイント?」

1.就職に関する意識調査から
・04年から08年の変化
・学生が会社を選ぶときのポイント
  →パネリストより「学生から自社の何を見てほしいか」
・就職したらどれくらい働くつもりか
  →パネリストより「採用したらどのくらい働いてほしいか」
・あなたにとって「働く」どういうことか
  →パネリストより「どんな気持ちで働いてほしいか」

2.望む人物像
・採用・面接で重視すること、採用するポイントは
・就職活動をしている学生のみなさまにアドバイス
・望む人物像-社員としてどんな人に成長してほしいのか

●第3回/2009年3月17(火) 13:30?


会場は 朱鷺メッセスノーホール

13:15

受付・開場

「望む人材像part2-職業と企業を選ぶときにみるポイント2」

パネリスト(予定)
梅澤 真一氏 (株)ウメザワドライ    代表取締役専務
大野 信一氏 (有)角屋 餞心亭おゝ乃 代表取締役
酒井 龍市氏 (株)イートラスト       代表取締役
品田 敦司氏 (株)シナゼン        営業
池田泰秋氏  新潟県中小企業家同友会 事務局長     

14:30

求人企業PR

各参加企業が、各社の企業をプレゼンテーション

合同企業説明会

16:45

合同企業説明会閉会

3月11日吉運堂の吉田竹也社長が語る私の体験談

2009年3月11日(水曜日) 18時 10分?20時 15分
場所: 新潟ユニゾンプラザ大会議室
概要:新潟東支部企業内問題研究部会

吉運堂の吉田社長が語る
私の体験談と日本の伝統・文化

吉運堂の吉田社長は2代目です。
葬祭は、その国の文化だと語ります。
なくなられた方のとむらい方は、
時代とともに変わってきて、
その時々の仏壇、石、祭壇などを
扱ってきました。
人の死をどう捉えるのか、それは文化であり
国々によっても弔い方は違います。

また、会社の中では、人材が一番重要と語ります。
企業が抱えている問題は人の問題だと

さまざまな体験をして、現場をみて、海外もみてきた
吉田社長より、経営戦略や日本の文化や伝統など
生き様、考え方をまなびたいと思います。
ぜひ、ご参加ください。

※「おくりびと」がアカデミー賞を受賞しました。
 この機会として、文化としての葬祭を考えてみましょう。

 吉運堂の吉田社長が語る私の体験談に

 例会   参加します  /参加できません

 懇親会  参加します / 参加できません (実費4000円程度)

三条支部設立5周年記念例会:燕三条・県央地域における地場産業の動向・新たな動き

新潟県中小企業家同友会
三条支部設立5周年記念例会県央地域における地場産業の動向・新たな動き

日時:2009年3月3日(火) 18:30?21:00
会場:三条ロイヤルホテル 
三条市本町三丁目5-25 T:0256-34-8111
参加費:5000円

講演:
財団法人 新潟県県央地域地場産業振興センター
三条・燕三条リサーチコア
産業振興部長 塩浦 時宗氏
テーマ:県央地域における地場産業の動向・新たな動きについて

どなたでも参加できます。下記をご記入いただき
メール info@niigata.doyu.jp か FAX025?286?8025
にてお申し込みください

—————————————————
参加します    /   参加できません

会社名         氏名             
同友会事務局 TEL025-287-0650 FAX025-286-8025
新潟県県央地域地場産業振興センター
ホームページより
三条市・燕市は新潟県のほぼ中央に位置し、作業工具・刃物関連等を主体とした金属製品の「金物の町」ならびに「金属洋食器」「金属ハウスウェア」製品を主要製品とする町として、国内はもちろん世界に輸出してその優秀性を誇っております。また、これらの製品にはぐくまれた技術をより研鑽し他の技術との複合による金属加工基地として、今後とも産業構造の高度化、地域経済の活性化を図ってゆくことが望まれています。
 地場産業振興センターは、時代に対応した新しい展開をめざす地場産業が、人・技術・情報の高度な交流結合をはかり、新商品・新技術の開発の契機となる中核機能と、併せて地域文化の活性化を図るための各種機能を併せ持った多目的施設であり、産業と観光の拠点となっております。

2月27日にいがたJOBWAYを開催します「望む人材像―職業と企業を選ぶときにみるポイント」

不安や悩みを抱えながら就職活動していることと思います。「自分には何が向いているのだろうか」「資格を取っておいた方が有利なのだろうか」「面接ではどう答えたらいいのか」「どんな業界が将来性があるのか」。焦ることはありません。皆さんの先輩たちも同じように悩みながら活動をしていました。多くの皆さんは、本当に自分がやりたい仕事、どうしてもこの仕事がしたいというものが見つかっていないでしょう。それは去年や今年の特徴ではなく、毎年毎年もうかなり長い間、職業観や労働観が定まらないまま就職活動に走り出さざるを得ない状況が続いています。もちろん就職前に職業観や労働観が完璧に確立されなければならないということではなく、皆さんが生きることや働くことについて落ち着いて考えたり、そういうことを考えるきっかけとなるような体験が少ないというということなのです。それは皆さんの責任というより、皆さんが生きてきた社会環境、特に教育環境を考えれば無理もないことです。ですから「業界の将来性」や「面接のノウハウ」を気にしすぎるのではなく自分がどう生きていきたいかをじっくり考えることが、結果として納得いく就職になるでしょうし、何よりも貴方自身の納得のいく人生への第一歩となるでしょう。中小企業家同友会の合同企業説明会に参加されることをお待ちしています。

?

●第2/2009227() 13:30?

?

?

会場は 朱鷺メッセスノーホール

13:15

受付・開場

「望む人材像-職業と企業を選ぶときにみるポイント」

パネリスト(予定)
梅澤 真一氏 (株)ウメザワドライ    代表取締役専務
大野 信一氏 (有)角屋 餞心亭おゝ乃 代表取締役
酒井 龍市氏 (株)イートラスト       代表取締役
品田 敦司氏 (株)シナゼン        営業
池田泰秋氏  新潟県中小企業家同友会 事務局長     

14:30

求人企業PR

各参加企業が、各社の企業をプレゼンテーション

合同企業説明会

16:45

合同企業説明会閉会

緊急開催:3月6日緊急雇用安定助成金セミナー

 最近の急激な経営環境の悪化をうけ、政府は雇用面においても様々な緊急対応を打ち出しています。

本セミナーでは、売上減少に伴う休業に関する緊急雇用安定助成金とともに、失業者増加の中で活用できる

助成金の有効な活用など、最新情報をお知らせいたします。

?

売上減少に上手に対処して
雇用を守り、経営を維持する!
緊急助成金セミナー

申し込み希望の方は、上記をご記入いただき、

開催日:平成21年3月6日(金)
開催時間: 午後2:00?4:00
      ( 受付1:45 ? )
開催場所:同友会事務局 2階会議室

講師: 新潟東支部会員
社会保険労務士 大矢 和也
(大矢社会保険労務士事務所)

? 雇用維持・雇用支援のために ?
内容:
?中小企業緊急雇用安定助成金
 会社休業等に対する支援
 (例) 休業手当の約4/5
?トライアル雇用奨励金
 未経験者や長期フリーター等を雇用
 (例) 4万円×3ケ月
?若年者等正規雇用化特別奨励金
 年長フリーター(25?40歳)や内定取消された新規学卒者を雇用した場合
 (例) 100万円
 ? 具体的事例を紹介いたします 

セミナー参加申込書
企業名         参加者名
住 所
TEL          FAX

 本セミナーで解決したい御社の課題は何ですか?
 (                    )

  メール info@niigata.doyu.jp か FAX025?286?8025

  にてお申し込みください

  
主催 : 新潟県中小企業家同友会
      経営相談室 担当池田泰秋
TEL 025?287?0650
FAX 025?286?8025

?

なお、セミナーでは、経営者にとっては耳の痛い話もしなければなりません。社員の生活、会社経営の将来がかかっている経営環境の中、今後の経営状況を把握し、対応を検討した上でご参加下さい。

セミナー終了後、個別相談も承ります。