会員訪問-(有)盈科 生産管理部長 児玉 智志氏

 (有)盈科?倉庫に入った途端、芳醇ないい香りに包まれました。お伺いしたのは、新潟市南区(旧白根)で独自の栽培方法で水稲&畑作を営む(有)盈科さん。お会いしたのは、会員の児玉智志さんです。

 その香りは、ルレクチェの香りです。ルレクチェの販売期間は、11/25頃から12/20頃のおおよそ1ヶ月間、その出荷の仕事の真っ最中にお邪魔してしまいました。この時期、徹夜での作業をすることもあるとか。児玉智志さんは入社して、5年目の30歳。今年は水害の年ではありましたが、大きな被害もなく、なんとか出荷にこぎつけることができました。

?

?

(有)盈科? 1903年頃フランスから新潟県内へ入ってきた西洋梨。本国であるフランスでは、現在、ほとんど栽培していないんだとか。ルレクチェというのは、栽培が非常に難しい。長野や福島、そして山梨でも作っていますが、数える程度だとか。洋梨全体からすると、ほんの7%。その難しい技術というのが、「追熟」。ルレクチェは、収穫後、一定期間置くことで、甘さが増し、果肉が柔らかくなります。その場合、ルレクチェは、果皮が緑から鮮やかな黄色に変色します。また、元々病気に弱く、広い保管場所が必要となります。と児玉さんは熱く語ってくれた。

 そして、ルレクチェのドライフルーツも試しに作ってみたと、味見をさせてもらいましたが、ジューシーで甘みも深く、非常においしかったです。(有)盈科さんで作る加工品は、今のところもちのみで、今後このドライフルーツを販売するかは・・未定とのこと。販売はしていないので、食べられるのは(有)盈科さんに伺ったときのみです!

 安全安心は当たり前。有機物循環農法で、科学資材を絶対投入量を削減して販売しているコシヒカリとルレチェ。お客様の笑顔のため、また明るい日本を描く一筆になることを新年に、日々邁進している(有)盈科に期待大!

 その(有)盈科さんのとっておきのルレクチェが同友会価格で販売中!12/15までに事務局から直接(有)盈科さんにご連絡を!取材が遅くなり、注文する期間は短いですが、この機会にどうぞお試しください!

?児玉智志さん

?

児玉 智志氏 (有)盈科(えいか)生産管理部長

(有)盈科(えいか) 新潟市南区下曲通120-4

事業内容:水稲・畑作等農業の経営、農産物の加工販売

創業:2004年5月 社員:8名

新春賀詞交歓会2012

新春賀詞交歓会

?しなやかに輝く未来へ?

賀詞交歓会

■第一部 新春講演     17:00?18:00
「JFAテクニカルスタッフ能仲太司氏から学ぼう」
負けない組織力、チーム力
眠っている能力を引き出すのは社長次第!!

講師:能仲太司氏
日本サッカー協会テクニカルスタッフ
新潟県新発田市生まれ。
2000年まで自ら選手として競技し、その後コーチに転身。2007年から、女子サッカー日本代表テクニカルスタッフとして帯同。

■第二部 賀詞交歓懇親会 18:10?20:00
懇親会では、本物の津軽三味線と民謡、佐渡おけさ・相川音頭で、皆さまの門出に花を添えます。是非、お楽しみください!!

日時/2012年1月19日(木)17時?20時
会場/ANAクラウンプラザホテル新潟
新潟市中央区万代5-11-20 tel.025-245-3334

参加費/9000円
※社員参加は講演のみの場合、無料。
宿泊/8000円(朝食付き)

ドレスコード:「ナデシコカラー(ピンク)」
※ドレスコードとは、「皆様このような服装でお越しください」という約束事のこと。今回は「ナデシコカラー」をキーワードにした何かを身につけてご来場ください。

?

●会員外の方の申込は、?氏名、?会社名、?役職、?宿泊の有無を記入の上、下記Emailまでお願い致します。
Email:info@niigata.doyu.jp

企業訪問-株式会社トーワウィンズ 専務取締役 渡辺裕光さん

「事業内容と求める人材について」

株式会社トーワウィンズ 渡辺 裕光さん 2011年11月25日、株式会社トーワウィンズ様にお伺いしました。事業内容は、建設請負、リフォーム、設計、施工管理、建材販売を行う総合建設業。系列会社に、不動産を主とする株式会社東和商事、金属加工を主とする株式会社東和ボルト、そして現在特に力を入れている抗酸化陶板浴「ここゆ」があります。

 「ここゆ」は抗酸化工法で建てられた店舗で陶板浴に入浴することができる施設です。腰痛や化学物質アレルギーの人、運転手や肉体を酷使する人の身体を癒すことを目的としています。「ここゆ」で用いられている抗酸化工法とは、珪藻土に抗酸化溶液を混ぜ、建材として利用されている合板、集成材、ビニールクロスや接着剤に用いることによって、建材や接着剤から発せられる化学物質(ホルムアルデヒド・アセトアルデヒド・トルエン等)を限りなくゼロにするための工法です。

 渡辺さんがこの工法を取り入れたのは、近年問題になっている、シックハウス症候群や化学物質過敏症のお客様でも、快適に過ごせる家を提供したいとの事でした。化学物質過敏症の特徴として、人体の蓄積許容量を超えると発症し、胎児遺伝する事もあることから、次の世代のために安心できる居住空間の提供をしたいとの思いがあり、解決策を模索していたところに抗酸化工法にとの出会いがありました。抗酸化工法で建てた家の特徴として、新築独特の匂いがしないということです。実は、新築の家の匂いというのは、化学物質の匂いです。抗酸化工法は目に見えない部分にお金を掛けるため、その効果に疑問を持たれる方が多いとのことで、抗酸化陶板浴「ここゆ」を抗酸化工法体験の場としても活用されています。
 「ここゆ」に来るリウマチ、腰痛、肩こりの症状のある方だけでなく、「ここゆ」に入ってみて他の家との違いに気付き、良いと実感されたお客様から新築やリフォームの依頼が来る場合が殆ど。営業を掛けず、「ここゆ」を利用していただくことによって、抗酸化工法の良さがお客様の間に広がっていくので確実に利益に繋がっています。抗酸化工法の費用としては坪あたり2?3万円プラスで可能で、また新築だけでなくリフォームでの利用も可能との事でした。今では建築のみならず、抗酸化還元水として飲食店でも利用され、繁盛し、その実績をあげていて、抗酸化のブランド力には未来の展望があるとの事です。

 そして、障害者支援にも力を入れておられ、福祉作業所に建材に抗酸化溶液を塗布する仕事を委託されています。しかしながら、作業の精度、速さに課題があり、それをクリアすればもっと福祉作業所と良い関係が築けるとの事でした。
 
 求める人材として、強いて挙げるのであれば明るい人、自分の仕事に誇りを持てる人。社員とのコミュニケーションついては意識はしておらず、強いて挙げれば給与明細を渡すときに面談をし、不満がないか聴く事や、社員を誘って飲みに行く事だそうです。これからの会社の展望として、社員が自分の子供に自慢できるような会社にしていきたいと話されていました。

<感想>
建材の模型を使って分かりやすく丁寧に抗酸化工法について説明いただき、その姿に渡辺さんの真摯な人柄、抗酸化工法への想いというものを感じ取ると同時に、抗酸化工法に対する自信が伺えました。抗酸化工法という技術の素晴らしさを知ることができ、家を建てる事の重要さについて改めて考える事ができました。
                                                         研修生 涌井健介 記

「事業を継承する上で、大切にしなければいけない事とは?」新潟支部12月例会

新潟支部12月例会

新潟支部12月例会

今回のテーマは、「事業承継」

報告者は、 (株)トーワウィンズの専務 渡辺裕光さん!
建設業を営む家の長男に生まれ、知らず知らずに親の後を追っていた。そんなに家業を継ぐ意識は無かったものの、気が付いたら親の会社に入っていた。多くの職人や従業員との摩擦も乗り越え、今は親父と二人三脚で会社を更に発展させる。そんな次世代経営者が今、大切にしているものとは何かを赤裸々に語る。

?

●会員外の方の申込は、?氏名、?会社名、?役職、?懇親会(実費)参加の有無を記入の上、下記Emailまでお願い致します。
Email:info@niigata.doyu.jp

下越南支部望年例会

下越南支部望年例会
“絆”に感謝をこめて!?点から線へ

2011年も早いもので残り僅かとなりました。様々な変化の中で、いつも変わらず例会に参加し、交流していただいた皆様に感謝の想いを込めて!ここからまた絆を深め、新年も心ひとつに繋がっていけるように、下越南支部の望年会を開催します!奮ってご参加ください!

下越南支部望年例会

日 時/12月20日(火)18時30分スタート
場 所/マリエール 五泉市赤海1074-1 ?:0250-42-1212
参加費/5,000円 (第一部&第二部の料金含む)

<第一部>講 演 18:30?20:00
講演者:片桐 和喜 氏
片桐配管工業? 代表取締役
NPO法人フィル・ジャパン・フレンドシップ(PJF) 理事長
◎片桐配管工業? :給排水、衛生、空調設備設計・施工
◎NPO法人PJF :日比友好親善と相互協力の向上のための支援、等

★講演テーマは、“絆”
阿賀野市の現状は、高齢化が進み、若者は激減。主体産業である農業は政府の政策により力を失い、後継者にまで問題が生じている。片桐さんは、PJFを発足させて8年。その国際的視点から見えるこれからの阿賀野市とは?国際的協働の基での地域の活性化とは?

<第二部>望年会 20:00?22:00