同友会とは

中小企業家同友会とは、中小企業家の皆さんのあらゆる悩みにこたえ、共に解決する集い、それが中小企業家同友会です。
異業種の経営者の集まりの中から、自由な交流・議論が行われ、強じんな経営体質をつくることを目的としています。

同友会3つの目的

1.よい会社をつくろう
2.よい経営者をめざそう
3.よい経営環境をつくろう

社会から、あてにされ、社員が生きがいを持って働き、永続して利益を出し続ける企業。
そのために経営者は、謙虚な学びから、人格的成長をめざし総合的な能力を身につけることが求められています。
また、中小企業の置かれている環境に注目し、進んでその改善に力を注ぐことも大切なことといえます。

自主・民主・連携の精神

いかなるところの干渉も受けず、会員の自主性を大切にし、一部の人間の支配を避け、民主的なものの見方をあらゆるところで実践することが大切です。
そのために、会員同士の援け合いと外へ向けての協力団結を進めること。特に会内においては、お互いの人格的高まりあいから生まれる深い信頼関係が、連帯の中身となります。

国民や社会と共に歩む中小企業

社会的使命感と責任感を大切にし、反国民的行動は決してとらないことが求められます。
また、自社の所属する地域の発展こそが、自社の生きる道であることを深く認識し、人材の育成はもとより、地域活性化のための社会的な運動に参画し、金融アセスメント法の推進など、地域経済の発展に寄与していかなければなりません。

新潟県中小企業家同友会について

設立年月日
1982年11月20日
主な役員
【会長】
本間 雅樹(有希化学株式会社

【代表理事】
吉川 芳邦(吉川不動産株式会社
馬場 守(株式会社ビーエム企画
古川 敦義(株式会社NODA

【副代表理事】
宮崎 伸洋(株式会社給材
梅澤 真一(株式会社ウメザワドライ
関原 英里子(有限会社京美容室
滝本 勝則(有限会社滝本工務店
内山 律子(Jプロモーション

【理事・相談役】
玉木 清(株式会社フォークス
品田 保男(株式会社シナゼン
宇山 和之(有限会社クーラーサービス

【理事・事務局長】
池田 泰秋(新潟県中小企業家同友会

【監事】
吉田 徳夫(株式会社吉田工業
鈴木 茂光(株式会社ダスキン鈴木

【会計監査】
竹田 信一(竹田公認会計士事務局)
今井 慶貴(弁護士法人新潟第一法律事務所
VISION2017
ときめく新潟をつくる
〜新潟県中小企業家同友会の挑戦〜

《ときめく企業》
私たちは、人を活かす経営で強くしなやかな企業をつくります!

《ときめく地域》
私たちは、人と人との絆を大切にし、豊かで幸せな地域をつくります!

《ときめく同友会》
私たちは、新潟県経済を牽引する同友会を作ります!

ビデオで紹介 「同友会ってどういう会?」

「早わかり同友会の歴史と理念」ダウンロード

同友会の歴史と理念を分かりやすくまとめてあります。ぜひご覧ください。

早わかり同友会の歴史と理念[PDF]